カテゴリー別まとめ記事はこちら

【映画感想・レビュー】映画『そして父になる』子供を取り違えられた家族の決断

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

映画『そして父になる』の作品情報

監督・脚本監督:是枝裕和
脚本:是枝裕和
出演者福山雅治
尾野真千子
真木よう子
リリー・フランキー
二宮慶多
黄升炫
風吹ジュン
國村隼
樹木希林
夏八木勲(夏木勲)
中村ゆり
ピエール瀧
高橋和也
田中哲司
井浦新
ジャンルドラマ
製作年2013年
製作国日本
上映時間2時間1分
補足情報

映画『そして父になる』のあらすじ・内容

大手建設会社に勤める野々宮良多(福山雅治)は、都心の高級マンションで妻のみどり(尾野真千子)と息子の良多(二宮慶多)と3人で暮らしていた。
ある日、息子が生まれた病院からの電話で、6歳になる息子が取り違えられた“他人の子”だと判明する。
その事実に戸惑いながらも、まずは相手方の家族と交流を始めるが、群馬で小さな電気店を営む斎木雄大(リリー・フランキー)とゆかり(真木ようこ)夫婦の乱暴な言動が気にかかっていた。
そうして、自分たちとは真逆の相手家族との交流を重ねるうちに、いままでの自分の“父親”としての在り方を見つめ直していくーーー。

映画『そして父になる』の感想・レビュー・評価

ただのペンギン🐧の映画感想・レビュー&評価
総合評価
 (4.5)

子供を取り違えられた家族の決断


病院側のミスにより6歳になる息子を取り違えられた2組の夫婦が、家族同士の交流、息子同士の交換を通じて、家族の在り方を模索していく話。

2つの家族が絵に描いたような何もかもが真逆の家族なので、映画的にわかりやすく面白かった。
親も子供も全員の演技が素晴らしかったのが印象的。

福山雅治演じる父親の野々宮は、自分が子供の時に父親にされたようなステレオタイプな接し方でしか息子に接することができない。
一方で、そんな父親を毛嫌いしていて、冴えない人生を送っている父親とは違って成功した自分の人生を肯定するように、息子にピアノを習わせたり小学校受験をさせたり、早い段階からトイレもお風呂も一人でできるようにと厳しめの教育をしている。

自分が父親としての成功したモデルケースなんだぞと言わんばかりに、自分と同じような立派な人間になるように息子を育てながらも、嫌いな父親と同じような子育てをしていて、まだ息子の“父親”にはなれていなくて、いまも“父親の息子”として子供に接する感じがなんかリアル。

成功した自分と同じように育てようと子供の将来をイメージしすぎて、いまの子供の姿を全然見れていないのも現代にも通じる一種の父親像という感じがした。

一方、母親はずっと近くで子供のことを見てきたから「子供の将来が~」とかはあまり重要じゃなくて、いまの子供の成長をずっと見守ってきて、それらが全て思い出になっているからこそ、例え血が繋がっていなかったとしてもこれからも一緒に居たいと思うんだろうな。
女性は子供がお腹に宿った時から徐々に母親としての自覚が芽生えていき、産んだ瞬間にそれが覚悟に変わるのかも知れない。

タイトルの『そして父になる』がとても良いんだよね。
父親側の立場に焦点を当てて、紆余曲折を経て、徐々に父親になっていく感じがすごく映画から伝わってくる。
あとは、あえてなのか、妻側の心情などが直接描写されず父親目線でしかわからない感じは、とにかく父親目線での作品にしようと割り切った感じがして良かったです。

親子とは何か、血の繋がりはそんなに大事なのか、幸せとは何か、父親とは何か、を考えさせられる良い映画でした。