カテゴリー別まとめ記事はこちら

【映画感想・レビュー】映画『海街diary』三姉妹と“1人”が家族になっていく

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

映画『海街diary』の作品情報

監督・脚本監督:是枝裕和
脚本:是枝裕和
出演者綾瀬はるか
長澤まさみ
夏帆
広瀬すず
大竹しのぶ
堤真一
加瀬亮
風吹ジュン
リリー・フランキー
前田旺志郎
鈴木亮平
池田貴史(レキシ)
坂口健太郎
キムラ緑子
樹木希林
ジャンルドラマ
製作年2015年
製作国日本
上映時間2時間6分
補足情報

映画『海街diary』のあらすじ・内容

しっかり者の長女・幸(綾瀬はるか)、自由本舗な次女・佳乃(長澤まさみ)、マイペースな三女・千佳(夏帆)。
彼女たちの父親は、15年前に家族を捨てて別な女のところへ行き、残った母親も再婚して家を出て行ったあとは、残された家に姉妹3人で暮らしている。
そんなある日、三姉妹の元に父親の訃報が届き葬儀に行った際、腹違いの中学生の妹・すず(広瀬すず)と出会う。
すずの母親は既に他界していて、病気がちの父親と頼りない義母を支えていたせいか、年の割にとてもしっかりしていた。
葬式後に4人で話している時、一人で抱え込んでいたすずの涙を見た長女・幸は、別れ際に4人一緒に鎌倉で暮らさない?と誘う。
そして、すずが鎌倉にやって来て、新たに“四人”での生活が始まるーーー。

映画『海街diary』の感想・レビュー・評価

ただのペンギン🐧の映画感想・レビュー&評価
総合評価
 (4.5)

レビュータイトル


鎌倉の古民家で暮らす三姉妹が、父親の死をきっかけに出会った腹違いの中学生の妹を引き取り、4人で一緒に暮らす話。

映画の内容自体は重くて、綾瀬はるか演じる長女の幸は自分たちを捨てた両親を許せないんだけど、父親のことを不倫で奪った女と同じように自分も既婚者と付き合っていて、長澤まさみ演じる次女の佳乃はダメ男に引っ掛かってばかり、夏帆演じる三女はお気楽でマイペースで、広瀬すずが演じる四女は母親が頼りないせいで年の割にしっかりしすぎていて、さらには三姉妹の父親を奪った女との子供だから、自分が存在していることで誰かに迷惑が掛かっている思っていて何かと抱え込みがち。

そんな暗い話でも全体の空気感は温かくて柔らかくて爽やかでほのぼのとしていて、暗い話に焦点を当ててドラマチックにしているというよりかは、それも人生の一部と言う感じで日常の楽しいことも辛いこともゆったりとした時間の中に満遍なく描いている感じがとても心地よくて良かった。

大きいけど夏は暑いし冬は寒い古い家とか、鍵のないドアとか、みんなで障子を張り替えたり、縁側でそばを食べたり、花火したり、毎年梅酒を漬けたり、海辺で貝殻を集めたり、昔からある馴染みのある定食屋、学校の部活動、浴衣で花火大会といった田舎の家族あるあるな感じとか、そこで暮らしている人たちの日常も青春も思い出も全てが詰まっていて、タイトルの『海街diary』という名前にふさわしい映画だった。

あとは、キャストがめちゃくちゃ豪華で驚く。
綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずの四姉妹もそうだし、大竹しのぶに堤真一にリリー・フランキーなどなど、他のキャストも主役レベルの人たちばかりなのにその存在感を消して役を演じているのを見ると、改めて俳優ってすごいなと思った。

鎌倉って有名な地名だから名前は知ってたけど行ったことはなくて、映画の人たちが生きていた世界にいつか行ってみたいなと思いました。