カテゴリー別まとめ記事はこちら

【お悩み解決】一人暮らしの引っ越しって隣人に挨拶する?挨拶しない?

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

悩んでいる人
悩んでいる人

一人暮らしの引っ越しって、隣の人に挨拶しといた方がいいのかな?

このような悩みを解決したいと思います。

一人暮らしする時って、「引っ越しの挨拶ってした方がいいの?」と悩んでしまいますよね。

  • 挨拶はどこまですればいいんだろう、隣だけ?上下の人も?
  • 挨拶の時に手土産・粗品は何を持っていけばいいんだろう、タオルかな?
  • 挨拶に行くタイミングは?不在だったらどうしよう

などなど。

ただでさえ、引っ越しの時は必要な物の準備とか手続きとかで忙しいのに、引っ越しの挨拶のことを考えただけでなんだか憂鬱な気分になってしまいますよね。

結論から言えば、引っ越しの挨拶は「しなくてもいい」んですが、その理由を次の章で語っていきます。

この記事はこんな人にオススメ!
  • 一人暮らしの引っ越しの挨拶はした方がいいのか悩んでいる人
  • 一人暮らしで引っ越しの挨拶しに行くのはちょっと怖い…と思ってる人
  • 一人暮らしの引っ越しの時の挨拶について、メリット・デメリットが知りたい人
ただのペンギン
ただのペンギン

この記事を読めば悩みが吹っ飛ぶはず!

一人暮らしの引っ越しの時に隣人に挨拶しない理由

引っ越しの挨拶をしない理由は三つほどあります。

理由①:今後、ほとんど関わることがないから

一人暮らしの人が住人と関わる機会なんて滅多にありません。

関わることがあるとすればこれくらいです。

  • 階段やエレベーターですれ違う時
  • ゴミ出しの時
  • 駐車場で自転車や車に乗る時

もしも

  • 家族単位で住んでいる人が多いアパート
  • 町内会などの行事で隣人と関わるときがある
  • 田舎の一軒家に住む

このような場合には今後のために挨拶をしておいた方が、良好な関係を築く上でいいと思いますが、一人暮らしの場合はすれ違う時に挨拶をするくらいで十分です。

理由②:相手に怖い思いをさせてしまう可能性があるから

自分が男性で挨拶先の人が女性だった場合、相手からしたら知らない男性がいきなりチャイムを鳴らしてくるなんて怖いに決まってます。

一人暮らしの女性
一人暮らしの女性

誰この人!?知らない男性がいきなりチャイムならしてきた…怖すぎる…

女性の一人暮らしだとバレないよう防犯上の問題からもドア開けることは少ないでしょうし、だからといって粗品をドアの前に置いていったとしても、知らない男が置いてった物なんて怖くて開けられない

このように相手に怖い思いをさせてしまう可能性があるのです。

理由③:特に女性の場合は、防犯上の観点からも引っ越しの挨拶はしない方が安全

自分が女性だった場合、一人で引っ越しの挨拶をすると相手に“女性の一人暮らしだとバレる”可能性があります。

相手も女性だった場合は問題がないかもしれませんが、訪問先の隣人が男性でその人が“危ない人”だった場合は危険な目に合う可能性があります。

そのため、自分が女性の場合は特に引っ越しの挨拶はしない方が安全です。

一人暮らしで隣人に挨拶しなかった時のデメリット?

悩んでいる人
悩んでいる人

一人暮らしの挨拶をしないとデメリットってあるの?

ネットを調べてみると「一人暮らしで引っ越しの挨拶をしなかった時のデメリット」みたいな記事をみたので、それについて思うことを書いていきます。

デメリット?①:第一印象が悪くなる?

正直、引っ越しの挨拶をさなかったくらいで第一印象なんて特に変わらない。

もし、何十年もそこに住んでいる「アパートの主」みたいな人の場合は、引っ越しの挨拶にこだわるのかも知れないけれど、隣人も住んで数年とかで、大学を卒業したり、就職や転勤、結婚などで数年も経てばいなくなる。

一人暮らしの場合、隣人とは良くも悪くもドライな関係で良い。

第一印象も含め“印象”を気にするなら、すれ違う時に挨拶や軽く会釈をするだけで十分です。

デメリット?②:生活音のトラブルが起きやすくなる?

この意見はおそらく、「挨拶をして印象を良くしておくことで、いざという時のトラブルの時に多めに見てもらえる」的な考えだと思う。

生活音のトラブルの代表的な物は

  • 夜中に掃除機や洗濯を使う
  • 話し声が大きかったり音楽の音が大きい
  • 足音がでかい

こういったことが挙げられるが、引っ越しの挨拶をされたくらいで「挨拶してきたときに印象良かったし、これくらい許そうかな」なんてなるわけがない。

迷惑なことには変わりがないので、生活音のトラブルを防ぎたいのであれば、引っ越しの挨拶をして印象を良くするよりも日頃から上記のことを気を付ける方がいい。

デメリット?③:災害時や緊急時に頼りづらくなる?

引っ越しの挨拶をしていた方が「何かあった時に助けてもらいやすくなる」という発想から、挨拶をしておかないと「災害時や緊急時に頼りづらくなる」という発想なんだと思う。

ただ、一人暮らしで困った時に頼るのは隣人ではなく、大家さんや不動産会社の人、もしくは警察くらいです。

わからないことがあっても、大家さんや不動産会社の人に聞くか、自分で調べればわかることがほとんど。

隣人に助けてもらうことなんてほぼないから特に問題はない。

そもそも、救急車を呼ぶ必要があるとか、本当に緊急時と判断してもらえればきっと初対面でも助けてくれる。

もし同じアパート・マンション内や隣の敷地に大家さんがいたら挨拶する

上の方で隣人に挨拶をしない理由がを書きましたが

もし同じアパート・マンション内や隣の敷地に大家さんがいたら挨拶しておいた方が良い

住人とは関わることがほとんどないけれど、大家さんに挨拶しておくことで

  • 第一印象を良くしておくといざというときに役に立つ
  • 生活音のトラブルなどで隣人と揉めた時に相談しやすい
  • トイレが壊れたカギを失くしたなどの時に相談しやすい

アパート・マンション内ですれ違う時くらいは軽く挨拶しよう

引っ越しした時に挨拶はしなくても、もしアパートの人とすれ違う際には

「おはようございます」

「こんにちは」

「こんばんは」

もしくは軽い会釈

これくらいの軽い挨拶はしておいた方が「なんか得体の知れない人」「怪しい人」「不気味な人」と思われにくくなるので、お互いにとっても良い関係を築けるのでおすすめ。

挨拶されなくても「感じ悪い」までは思わないけど、挨拶することで相手に少しでも良い印象を与えておいた方が、なにかトラブルがあった際にも穏便に済みやすい。

親が「引っ越しの挨拶くらいしなさい」と言ってうるさい

悩んでいる人
悩んでいる人

親が「引っ越しの挨拶位しなさい」と言ってうるさいんだけど

昔の人の感覚だと「引っ越しの時は隣人、もしくは上下の人に挨拶をする」という考えがある人もいるかもしれないが、その人が一人暮らしをしてたのは、おそらく20~30年以上前のこと。

いまは引っ越しの挨拶の常識も変わっていますし、上にも書いた防犯上の観点からも引っ越しの挨拶をしない方がいいです。

まとめ:一人暮らしの引っ越しの時に挨拶はいらない!

今回は、「一人暮らしの引っ越しって隣人に挨拶した方がいいのかどうか」について話しました。

引っ越しの挨拶なんて深く考えなくても、すれ違った時に挨拶するくらいで十分ですよ。

今日はこの辺で、またねっ!

この記事のまとめはこんな感じ!
  • 防犯上の観点からも引っ越しの挨拶はしない
  • すれ違った時は挨拶か軽く会釈をする
  • 大家さんにはお世話になる可能性があるから挨拶をしておく