カテゴリー別まとめ記事はこちら

「自分には一人称がない」。

「自分には一人称がない」。

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

「自分には一人称がない」

 

“一人称がない人間なんて本当にいるのだろうか”と、あなたは思っただろうか?

本当にここにいるのだ。

 

小学校の低学年くらいまでは、ほとんどの男が自分のことを「僕」と言っていただろう。

自分もその一人だ。

 

少しずつ周りが「僕」から「俺」へと一人称を変えていく中、自分は「僕と俺」の狭間に心が揺らいでいた。

友達が「俺」と言うたびに、

(俺って言うなんて、おっとな~!)って思っていた。

中学生になるころには大体の男が自分のことを「俺」呼んでいたのだが、自分は…

 

“完全にタイミングを逃してしまったのだ”

 

しかし、周りが「俺」という一人称を使う中、自分のことを「僕」と呼ぶのはいささか抵抗があった。

 

 

俺って言うのはなんだか気恥ずかしいし、僕って言うのも違う気がする。

私は就活でしか使ったことがない。

結局、自分のことを「自分」と呼ぶことで落ち着いた。

 

「自分は~こう思う」「自分は~こうしたい」

まるで軍隊みたいだ。

 

 

いま思えば、父親が自分のことを「俺」と言っているのを聞いたことがない。

兄も「俺」と呼んでいなかった、彼は「僕」と呼ぶことで落ち着いたようだった。

そういう家庭環境も、一人称の選択に影響があったのかもしれない。

 

 

世の中には、他にも一人称がない人がいるのかを実際に調べてみた。

「一人称 ない」

すると、以外にも同じような悩みを持つ人がたくさんいた。

自分で自分のことを自分と呼ぶことを選択した人もいるみたいだったが、多くは切り替え時期がわからなくなっているようだった。

仲間がいたことに少し安心した。

 

 

そんな自分も、人生で2回ほど俺と言ったことがある。

1回目は、高校の時に好きになった女の子に告白した時だ。

いまでも鮮明に覚えているが、人生初の告白だったにも関わらず、告白の内容よりも「俺」と口に出す方が緊張した。

意味わからないぐらい緊張した。

 

2回目は、大学1年の時に同じ大学で同い年の男と会話するときだ。

一発かましてやろうと、一人称をつける“プチ大学デビュー”を狙っていた。

「俺は~こう思うわ」と言った。ちゃんと俺と言えた!

 

ただ、3回目の「俺」を言うことはなかった。

勢いでもう一回「俺」と言おう!と思ったのだが、

喉がグッ!と詰まる感じがして3回目は言えなかった。

そうして、密かに企んでいた“プチ大学デビュー”の夢はここで終わってしまったのだった。

 

 

「一人称がないと不便じゃないの?」と聞かれるかも知れないが、ものすごく不便だ。

 

部活の先輩や先生の前では「自分」か「僕」で十分。

就職の面接では「私」でだいたい統一されているが、

日常生活で友人と会話するときにはとても困る。

 

一度、「この前どこどこ行ってさ~」という会話をしたら

「誰が?」と聞かれたことがある。

どう考えても自分の話をしているのだから、いわゆる「俺」なわけだが。

聞かれたからには答えるしかない。

 

そういうときは、「いや、わかるじゃん!(笑)」とごまかしたり、「Meだよ!」とふざけた返しをする。

それでもなんとかなった。

 

 

いまはもう年齢的に、いわゆる“いい大人”になった。

大人の世界というのは、「僕」と使っても違和感がない、優しい世界だった。

きっとこの先も、時々訪れる“一人称タイム”に戸惑うことだろう。

 

早く一人称の“自分”から“”お父さん”に変わる日が来ることを、切に願う。