【映画感想・レビュー】映画『あの日々の話』大学生のよくある風景の欲張りセット

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

映画『あの日々の話』作品情報

監督玉田真也
出演者山科圭太
近藤 強
木下崇祥
野田慈伸
前原瑞樹
森岡望
高田郁恵
菊池真琴
長井短仲
野太賀(太賀)
村上虹郎
ジャンルコメディ、青春
製作年2018年
製作国日本
上映時間1時間40分
補足情報

映画『あの日々の話』あらすじ・内容

とある大学サークルの代表選挙が行われた日の夜。
新代表が姿を消す中、決起集会としてサークルメンバーの男女9人が残り、二次会のカラオケボックスで盛り上がっていた。
新代表が消えたのは「1年生女子をお持ち帰りしたからだ」と残された男たちは噂を聞きつけ、「俺たちも今日ヤレるかも 」とソワソワし始める。
だが、騒いだ勢いで、一人の女子学生のカバンにお酒をこぼしてしまう。
中が濡れてないか確認するために開けると、そこからはなんと新品のコンドームが出てきたのだった。
それを見た男たちのテンションは一気にMAXまで上昇。
男たちの期待が最大限に膨らむ中、そのコンドームがきっかけで思わぬ方向に話が進んでしまう…

映画『あの日々の話』感想・評価・レビュー

ただのペンギン🐧の映画感想・レビュー&評価
総合評価
 (3)

大学生のよくある風景の欲張りセット


カラオケでオールとか、お調子者の1年生とか、異常に上下関係に厳しい先輩とか、出しゃばりOB・OGとか、年齢の離れた新入生とか、とにかく「大学生ってこんな感じだったな」「大学生ってこんな感じなんだろうな」って要素を詰めに詰め込んだ作品。

大学生や大学生だった人であれば、自分の経験談と照らし合わせて懐かしくなるだろうから、映画と似たような経験をしている人ほど楽しめると思う。

内容自体はなんてことのない、よくある大学生のカラオケボックスでの風景なんだけども、全体的に演技とか声の張り方がわざとらしいというか、劇団っぽい演技感が強くてちょっとくどい印象を受けた(決して演技がヘタとかではなかった気がする)。

もしこの作品が、大学の映像サークルが作った大学生による大学生のための自主製作映画だったら、演技の臭さも受け入れられたかもしれない。
もしくは、舞台だったら面白くなるんだろうなと感じた作品だった。

ただ、1本の映画として見てみると、作品としての評価は★2.5で、大学生の頃の懐かしさを思い出したということで+0.5で合計★3.0の評価という感じ。

追記、感想を書いた後にこの作品を調べてみたら、注目の若手演出家の玉田真也さん率いる劇団「玉田企画」による人気の同名舞台が原作だったようです。
だから、舞台演劇っぽい感じの演技だったのかな?