カテゴリー別まとめ記事はこちら

【映画感想・レビュー】映画『メタモルフォーゼの縁側』BL好きな女子高生とBL好きな老婦人が育む友情物語

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

映画『メタモルフォーゼの縁側』の作品情報

監督・脚本監督:狩山俊輔
脚本:岡田惠和
出演者芦田愛菜
宮本信子
高橋恭平
古川琴音
生田智子
光石研
汐谷友希
伊東妙子
菊池和澄
大岡周太朗
ジャンルドラマ
製作年2022年
製作国日本
上映時間1時間58分
補足情報原作漫画:鶴谷香央理『メタモルフォーゼの縁側』

映画『メタモルフォーゼの縁側』のあらすじ・内容

17歳の女子高生・うらら(芦田愛菜)の楽しみは、誰にもバレないよう部屋でこっそりBL(ボーイズ・ラブ)漫画を読むことだった。
75歳の老婦人の雪は、ふと立ち寄った本屋で綺麗な表紙に惹かれ一冊の漫画を購入するが、それが男子高校生の恋愛を描いたBLものとは知らず、初めての世界に驚きつつも素敵な恋物語にすっかり魅了されてしまう。
翌日、新刊を求めて本屋にやってきた雪は、そこでバイトをしているうららと好きなBLの話で盛り上がり、ついには連絡先まで交換し、この日から2人は「友達」となった。
BL愛について語りたくても語る相手がいなかったうららと、久しぶりに胸がときめく経験をした雪は、BL愛を語り合う日々を送っていた。
そんなある日、雪の一言がきっかけでうららは、創作漫画の即売会「コミティア」へ売る側として出展することを決意するーーー。

映画『メタモルフォーゼの縁側』の感想・レビュー

ただのペンギン🐧の映画感想・レビュー&評価
総合評価
 (4.5)

BL好きな女子高生とBL好きな老婦人が育む友情物語


BL好きな17歳の女子高生と、初めてBLを読んでハマってしまった75歳のおばあちゃんによる友情物語。
原作は、鶴谷香央理さんの『メタモルフォーゼの縁側』というマンガです。

最初から最後まで話も人もこの映画に出てくる全てが温かく良い人たちばかりで、ずっと優しく穏やかな気持ちで観る事ことができる。
また、75歳のおばあちゃんがBLにハマるという設定で既に面白い上に、クスッと笑える展開もしんみりくる展開もあったりと、物語の展開が多彩なので最後までずっと楽しい。

共通の好きなものを語ることができる友人がいるだけであんなにも人生が楽しくなるのか。とか
好きなものを語り合ったり、新しく何かを好きになるのに年齢は関係ないということを教えてくれる。

好きなシーンは、うららがまだ未熟な絵ながらも一生懸命に書き上げた1冊の漫画を持って、創作漫画の即売会「コミティア」へ行くシーン。
不安9・希望1くらいで向かった販売ブースで、周りとの実力の差に落胆しその場を後にしてしまうところとか、その後に「情けないです」と雪に言って泣き出すシーンとか見てると、「どんなに拙いものだとしても、何か一つをやる遂げることって大事なんだよな~」としみじみしてしまった。

この映画は、ただただ温かい気持ちになれるという意味でもおすすめですし、どの世代の人にも何か感じられることがあるんだろうなという意味でも、とても良い映画だなと思いました。

大人になった芦田愛菜ちゃんの演技を見ることができたのも良かったです。