カテゴリー別まとめ記事はこちら

【カップル・夫婦の価値観の違い】「暖房をつけたがらない彼氏」とは別れた方がいいのか?

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

ガールズちゃんねる(通称ガルちゃん)で『暖房をつけたがらない彼氏』というタイトルのトピックを見つけた。

1. 匿名 2022/12/18(日) 18:33:17 

彼氏と同棲を始めたのですが、全然暖房を使おうとしません
こちらは雪国で、底冷えもするし実家ではストーブなしの生活は有り得ませんでした
こたつがあるからいい、俺は寒くないと言われるのですが、ヒートテックを着て布団でゴロゴロしてる奴が何言ってんだって感じです
家事をする為にストーブをつけても時間が経ったら勝手に消されます
厚着してやり過ごしていますが限度があります
私より先に帰宅しても絶対に暖房をつけていません
何度も寒いと訴えているのに自分が大丈夫だからと退けられ、思いやりに欠けると思うし別れもチラつきます
こんなことで別れるのはおかしいですか?
他にもこんなパートナーをお持ちの方どうしていますか?

引用元:ガールズちゃんねる『暖房をつけたがらない彼氏』

どうやら同棲中の彼氏との価値観の違い(温度感覚の違い)に悩んでいて、うっすらと別れたいという気持ちが出てきているが、こんな理由で別れるのはおかしいのか?という悩み相談らしい。

この悩みに勝手に答えたいと思います。

結論から言うと、「別れた方がいい」と思います。

相談主さんは「こんなことで別れるのはおかしいですか?」と書いているが、これは「こんなこと」で済ましていい話ではありません。

これは「温度感覚の違い」の話ではなく「彼氏の人間性」の問題

相談主さんは「別れる理由=彼氏が暖房を使おうとしないから」がちょっと引っかかっているみたいですが、この問題の本質は「温度感覚の違い」ではありません。

相談主さんも、相談文を見る限り気づいていると思いますが、あなたの彼氏には「思いやり」というものが欠けています。

他にも気になることがいくつかあったので、相談文の内容から問題点や彼氏の人間性を見ていきましょう。

※相談部分は蛍光ペン(赤)でマーカーしています。

彼氏と同棲を始めたのですが、全然暖房を使おうとしません

→こういった価値観の違いを知るための同棲(結婚前のの予行演習)だと思うので、早めに知ることができて良かったです。


こちらは雪国で、底冷えもするし実家ではストーブなしの生活は有り得ませんでした

→自分も雪国出身だからよくわかります。ストーブなしでは底冷えで芯から寒さを感じますし、特に足先はジンジンするような寒さです。手先も冷たいですよね。


こたつがあるからいい、俺は寒くないと言われるのですが、ヒートテックを着て布団でゴロゴロしてる奴が何言ってんだって感じです

→「自分が寒くなければそれでいい」と思っている自己中心的な人間のようですね。

『正直、お前が寒くないかなんてどうでもいい、私が寒いんだから暖房をつけさせろ、それで暑かったらお前はコタツを使うな布団に包まるなとりあえずそのヒートテックを脱げ!』くらい言っても問題なさそうです。


家事をする為にストーブをつけても時間が経ったら勝手に消されます

→“勝手に”と書いてありますので、おそらく相談主さんに対して「ストーブ消してもいい?」の一言もなしに消しているのでしょうか。まずは「暑いから消して欲しい」と提案してくるならまだしも、勝手に消すということは「相談主さんの意志は関係ない、俺がそうしたいからそうした」ということでしょう。あまりにも身勝手ですね。

手袋しながら料理したり皿洗いはできないですし、掃除や洗濯の際にはカーペットが敷かれていない部分を歩くこともあると思いますので、快適に家事をこなすためにもストーブは必要だと思います。


厚着してやり過ごしていますが限度があります

→この彼氏なら相談主さんが室内でダウンジャケット着てても何も言わなそうです。それ以上に「厚着してるなら大丈夫だろ」とか思いそうですね。


私より先に帰宅しても絶対に暖房をつけていません

→普通の感覚なら「あの子は寒がりだから、なるべく部屋を暖めておこう」と暖房をつけると思いますが、それをしないのは想像力もなければ気遣いもできない人のようです。


何度も寒いと訴えているのに自分が大丈夫だからと退けられ、思いやりに欠けると思うし別れもチラつきます

→ここの問題は“何度も”寒いと訴えていること。そしてそのたびに「自分が大丈夫だから」と退けるということは、価値観の違いを擦り合わせたり話し合いができないタイプです。

今後、一緒に生活していく上で意見が違ったり話し合いが必要な場面が多々あると思いますが、そのたび今回と同じような気持ちになると思います。

相手が「話し合いができないタイプ」ということはかなり致命的な問題だと思います。


こんなことで別れるのはおかしいですか?

→おかしくないです。おかしいのは彼氏の方です。


他にもこんなパートナーをお持ちの方どうしていますか?

→このような経験はあまりありませんが、もし自分が同じ状況だった場合、話し合いができない、妥協案・折衷案も出せない相手なら別れると思います。

同棲し、結婚を意識して付き合う場合ならなおさらです。

色々言いたいことは書きましたが、まとめると、あなたの彼氏は思いやりのかけらもなければ想像力もなく、価値観の違いが生じたときに話し合いができず、相手の気持ちを考えることができない上に好きな相手の体のことを気遣うことすらできない「自分さえ良ければいい」タイプのような印象を受けます。

価値観の違いは違う人間同士なので仕方がないですが、その価値観の違いを擦り合わせすることができない(要は話し合いができない)というのは同棲・結婚相手としては致命的な問題だと思います。

いまは相談主さんが我慢していれば済む問題かもしれませんが、将来的に子供が欲しいと思っている場合、彼氏の性格は子供に対しても悪い影響が出てきそうです。

暖房に限った話であれば、赤ちゃんの体温管理のために暖房つけたいなんて言おうものなら「赤ちゃんのためとか言って、本当は自分が寒いから付けたいだけなんじゃないの?」なんてカウンターが来てもおかしくないです。

寒がりの女性を恋人に持つ男性は、「冷え性は女性に多い」ことを知っておいた方がいい

寒がりの女性を恋人に持つ男性は、「冷え性は女性に多い」ことを知っておいた方がいいです。

その根拠となるデータがこちら

画像参考元:<熱と暮らし通信>男性4割、女性約8割が「冷え性」 男女ともに8割以上が“足先”が冷える「末端冷え性」と判明 冬場に使用する暖房器具を徹底調査!使用している暖房器具1位は「エアコン」!

これらのデータによれば以下のようなことが判明している。

  • 女性の約8割が冷え性(男性は約4割なので、基本的に女性の方が寒さを感じやすい)
  • 「冷え性」の方で「冷えている」と感じる部位は足先が85%と手先が60%(室内では厚着するのが難しい部位)
  • 寒さにより「頭痛」「腰痛」「不眠」「集中力が切れる」などの体の症状が出ている
  • 冷え性の3割、末端冷え性の4割の人が風邪を引きやすい体質

寒がりな女性を恋人に持つ男性は、個人差はあれど基本的には女性は冷え性もしくは寒さを感じやすいということを知識として入れておき、冬場は特に部屋を暖かくしておくことが良好な関係を築くことにも繋がることだろう。

まとめ:相談主さんがこれからするべきこと

もし、相談主さんがまだ別れるか迷っている場合は以下のことをやってみてはどうだろうか。

  • 暖房のことでちゃんと話し合いたいと真剣に伝える
  • 上に載せたデータを見せて、女性は特に寒さを感じやすいということを理解してもらう
  • 寒さで体調を崩さないためにも部屋を暖かくしたいということを伝える
  • 今回も今後も価値観の違いでちゃんと話し合いができない場合、別れる意思があるということを伝える。

これでもなお、「まともに話し合いに応じない」「暖房の件で少しも妥協しない」ということであれば、別れることを前向きに検討してみてもいいでしょう。

「たかが暖房、されど暖房」

相談主さんの体調が崩れないことを祈っています。