カテゴリー別まとめ記事はこちら

【映画感想・レビュー】映画『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』大学生グループと殺人鬼に間違われた兄弟によるスプラッターコメディ

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

映画『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』の作品情報

監督・脚本監督:イーライ・クレイグ
脚本:イーライ・クレイグ、モーガン・ユルゲンソン
出演者タイラー・ラビーン
アラン・テュディック
カトリーナ・ボウデン
ジェシー・モス
フィリップ・グレンジャー
ブランドン・ジェイ・マクラレン
クリスティー・ラング
シャーラン・シモンズ
トラビス・ネルソン
アダム・ボーシェーヌ
ジャンルホラー、コメディ
製作年2010年
製作国カナダ
上映時間1時間28分
補足情報原題:Tucker and Dale vs Evil

映画『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』のあらすじ・内容

仲良しの中年2人組、タッカー(アラン・テュディック)とデール(タイラー・ラビーン)は、一生懸命働いて貯めたお金で念願の別荘を買い、そこでビールを飲んだり釣りを楽しんだりと充実した休暇を過ごしていた。
だがしかし、その見た目から近所でキャンプをしていた大学生グループたちに殺人鬼と勘違いされてしまう。
さらには、川で溺れて気を失った女子大生を手当てするため、別荘に連れて行く様子を彼らに目撃されたことで、思いもよらない事態に巻き込まれてしまうーーー。

映画『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』の感想・レビュー

ただのペンギン🐧の映画感想・レビュー&評価
総合評価
 (4)

大学生グループと殺人鬼に間違われた兄弟によるスプラッターコメディ


仲良し中年の2人組が別荘で休暇を楽しんでいただけだったのに、ひょんなことから近所にキャンプをしに来ていた大学生グループに殺人鬼と間違われ、様々なトラブルに見舞われてしまうといった話。

最初はB級おバカコメディだと思って観始めたけど、蓋を開けてみれば思っていた以上にグロ描写があるスプラッターコメディだった。

最初はタッカーとデイルの見た目で殺人鬼と勘違いされて、大学生グループの1人を助けて別荘に連れ帰ったことで勘違いが加速し、ヤバい奴らから友達を助けるために別荘を襲撃してきた大学生たちが事故で次々と死んでいき、その様子を見たタッカーとデイルが「あいつらは集団自殺をしている!自分たちを巻き込む気だ!」と勘違いして、どんどん事態が悪い方向に向かっていく様子は、まるでアンジャッシュのすれ違いコントを見ているような面白さ。

みんなが割と血を出してグロい死に方をするのでスプラッター的な怖さもありながら、死に方がマヌケなのでなんとも言えない笑いが込み上げてきたり、スプラッターコメディながら友情や恋愛と言った要素もあるので、なんか色々と感情がぐちゃぐちゃになるけどクセになる面白さの映画。

終始ふざけてる映画だけど本人たちはいたって真面目で、それゆえに悲惨な事故へと繋がってしまう様子が逆に笑えるといった感じの、新感覚スプラッターコメディでした。

自分はホラーとかSAWみたいなグロは苦手だけど、この映画のグロ描写は笑いでマイルドになっているせいか見ることができました。
ただ、血とかグロが苦手な人は気を付けた方がいいかもしれません。