カテゴリー別まとめ記事はこちら

【映画感想・レビュー】映画『猫、かえる Cat’s Home』一匹の猫を通して、恋仲の男女の関係性の変化を描く

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

映画『猫、かえる Cat’s Home』の作品情報

監督・脚本監督:今尾偲
出演者モトーラ世理奈
品田誠
木下愛華
小野孝弘
ジャンルドラマ
製作年2019年
製作国日本
上映時間20分
補足情報

映画『猫、かえる Cat’s Home』のあらすじ・内容

リナ(モトーラ世理奈)は、かつての恋人・浩(品田誠)の部屋へと向かっていた。
別れる際、2人で飼っていた愛猫のイブを浩が引き取ったが、突然猫アレルギーを発症してしまったため、代わりに引き取ることになったのだった。
しかし、ちょっとした隙にイブがベランダから逃げ出してしまうーーー。

映画『猫、かえる Cat’s Home』の感想・レビュー・評価

ただのペンギン🐧の映画感想・レビュー&評価
総合評価
 (3)

一匹の猫を通して、恋仲の男女の関係性の変化を描く


一匹の猫を通して、恋仲の男女の関係性の変化を描く話。

この映画の感想を見てみると、主演のモトーラ世理奈と言う人が人気のファッションモデルらしい。
確かに雰囲気があって良かったし、この映画は彼女の存在があってこそという感じだった。

というか、内容なんてあってないようなもんだったし、実質モトーラ世理奈の“長いプロモーションムービー”というだけの映画だった。
ストーリーを楽しむというより、主演の存在感とゆるい雰囲気を楽しむ感じの映画かな?

猫好きなのに猫アレルギーってつらいよね。
あと、使ってたカメラは「写ルンです」かな?めっちゃ懐かしい。
レトロなものって、その存在だけで一気に時間を巻き戻してくれるからなんかいいよね。

どうでもいい話だけど、「猫」と「描く」ってめっちゃ漢字が似てることに気づいた。