カテゴリー別まとめ記事はこちら

誰かの挑戦を批判し失敗を笑うやつは、ただの「何にも挑戦したことがない人間だ」

誰かの挑戦を批判し失敗を笑うやつは、ただの「何にも挑戦したことがない人間だ」

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

挑戦し失敗をしたことがある人間は、人の失敗を笑わない。

 

挑戦する勇気を知っているからだ。

一歩踏み出す怖さを知っているからだ。

失敗で得られる経験を知っているからだ。

 

新しいことに挑戦すると、こういう言葉が聞こえてくるだろう。

「どうせできないよ」

「それって大丈夫?」

「世の中そんな甘くない」

「成功するのはほんの一握りだよ」

 

そんなの百も承知で挑戦するのだ。

 

失敗を恐れるなんて馬鹿らしい。

失敗の何が怖いのだ。

 

「挑戦せずに何も変わらぬ日々」の方が何倍も怖いではないか。

 

そのような恐ろしい日々を何百日と過ごしてきたからこそわかる。

「変わりたい」と願う日々では何も変わらない。変わらなかった。

ただ、頭ではわかっていても恐くて動きだせない。体が言うことをきかない。

 

誰かに自分の挑戦を笑われるたびに、後ろ指を指される。

そのたびに何かを諦め、また変わらぬ毎日を過ごすのだろうか。

なりたい自分を強く想像し、すぐに行動に移すのだ。

 

くよくよ考えたって仕方がない。動き出さなきゃ何も始まらない。

きっとこの先、何回も何十回も何百回と挑戦するだろう。

 

そして数えきれないほどの失敗をし、立ち直れないくらいの挫折があるかもしれない。

そのたびに、あのときの何も変わらぬ日々を想像して、自分を奮い立たせるのだ。

 

1年後、胸を張って「たくさんのことを経験した」と叫びたい。

少しだけでも成長した自分を褒めてあげたい。

 

何かに挑戦するのに遅いなんてあるものか。

やりたいことが見つかったのなら幸せだ。

いますぐに動き出せば何か変われるはずだ。

 

 

いまが人生で一番若い日だ。