カテゴリー別まとめ記事はこちら

【書評・レビュー】読むだけで気持ちが楽になる『嫌ならやめてもいいんだよ』感想・レビュー

読むだけで気持ちが楽になる『嫌ならやめてもいいんだよ』感想・レビュー

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

こんにちは、ルトラ(@lutraxlutra)です。

今回は、斎藤一人さん著『嫌ならやめてもいいんだよ』をご紹介したいと思います。

 

「嫌ならやめてもいい」

「人生は何度でもやり直せる」

 

我慢が美徳だとされているいまの時代で、いざとなったら逃げる勇気も必要ということを、「非常口」という表現を使って優しく教えてくれます。

 

・仕事で悩んでいる人

・恋愛や結婚で悩んでいる人

・子育てで悩んでいる人

・人生に悩んでいる人

 

この本には、様々な悩みを解決して、心を軽くしてくれる言葉が溢れています。

 

この本はこんな人にオススメ!
  1. 嫌なことから逃げたい人
  2. 我慢して苦しくてつらい人
  3. 人生に悩んでいる人

書籍の説明

著者について

斎藤 一人

実業家。「銀座まるかん」の創業者。高額納税者番付、12年間連続10位以内。『変な人の書いた成功法則 – 漢 – 四年連続トップ納税者が語る』(総合法令出版)、『ツイてる! 』(角川書店)、『地球が天国になる話』(ロングセラーズ)、『幸福力』(マキノ出版)など、関連書籍多数。

Amazon 商品の説明 著者についてより

書籍の内容・あらすじ

読むだけで気持ちが楽になる斎藤一人さん流、人生の応援歌

人生は何度でもやり直せる

幸せになるには、嫌なことを我慢しないで、パッと非常口から逃げなきゃいけない。

非常口は、間違いなく幸せの道につながっているんだ。その非常口の場所を案内するのが、本書です。

Amazon 商品の説明 内容より

書籍の目次

はじめに

第1章  嫌になったら「非常口」から逃げていいんだよ

  • 東の武士、西の商人
  • まわりの「よかったね!」が逃げ道をふさぐ
  • 「非常口」があることを覚えておくんだよ
  • 人生は何度でもやり直せるんだ
  • いつでもやめていいと思うだけで気楽になる
  • 長続きしないのは非常口を使いこなしている人
  • 俺の人生、非常口を開けまくりだよ(笑)
  • 嫌なことは虫唾が走るほど嫌なんだ
  • 何かをやめるのは挫折じゃないよ
  • 最悪のケースを全員に当てはめちゃいけない
  • 好きなことなら我慢も苦痛に感じないんだ
  • 嫌なことを続けても「嫌」が際立つだけ
  • 人がやめたがっていることに口を出さない
  • みんな人の役に立つ「好き」や「得意」を持っている

第2章  いかなるときも自分に我慢させちゃいけないんです

  • 嫌だとわかることは大事な学び
  • 俺は、俺を喜ばせたいんだ
  • 押しつけは相手の非常口をふさぐ行為だよ
  • 嫌いなものを好きになるのは、もともと嫌いじゃなかったんだ
  • 1分1秒でも自分に我慢させない
  • やってみなきゃわからないんだ
  • あなたが不幸なのは「ダメづけ波動」を出しているから
  • ブラック企業は今すぐにやめていい
  • いざとなったら仮病を使ってリフレッシュしな
  • 自信のない波動を出すから相手にナメられる
  • 自分のことしか考えていないから腹が立つ
  • 説教してくるやつには逆ギレしな(笑)
  • 子どものためだろうと我慢しなくていい
  • 嫌なことは満面の笑顔で断る
  • 人の不幸が蜜の味なのは味覚音痴
  • 個性を大事にするって「嫌ならやめる」ことだよ

第3章  一人さん流「恋愛・結婚の非常口」論は最高に面白い!

  • 恋愛は最高のレジャー
  • 見方が変われば非常口が見える
  • 「自分ごと」で考える癖を身につけてごらん
  • モテない相手とつき合っちゃいけません
  • 血みどろ上等で恋愛すればいい(笑)
  • 結婚は1度で3回楽しめる
  • 浮気するときも親の許可を取るのかい?
  • 女性は人生を楽しむことに長けている
  • どんな結婚も修行なんです
  • 外見にこだわっているのは女性のほうだよ
  • 旦那は立てちゃいけない、潰すんです(笑)
  • 家庭内の主導権争いには女性が勝つべきなんだ

第4章  子育てにおける非常口のススメ

  • 子どもが小さいときから非常口の存在を教える
  • 人は何度も気が変わるものだよ
  • お母さんがダンスに打ち込めるのはダンスが好きだから
  • 非常口をふさぐ親ほど子どもを誘導する
  • 口出しするなら0点取ってやる!(笑)
  • 因果が巡っていじめが繰り返されるんだ
  • みんな生まれながらに「いい子の素質」を持っているよ
  • 親だってワーッと泣いていい
  • 親のストレスを子どもが発散してくれる
  • ものごとは軽く考えなきゃいけないんだ
  • 子どものケガや病気は親のせいじゃないよ
  • 親が不機嫌にならない程度でいい
  • 親が口うるさいと子どもはよその家をうらやましがる
  • 反抗期があってもなくても大丈夫なんだ

第5章  非常口が見えたら家族のあり方は劇的に変わる

  • 外泊したってせいぜい恋人の家に泊まるくらいだよ(笑)
  • 縁を切ることで学びがある
  • 親だって人間。恋もすれば離婚もするんです
  • 子どもの意思を尊重したかったら、まず自分を大切にする
  • 模範じゃなく生きるお手本になるんだよ
  • 介護をプロに任せたっていいんだよ
  • 罪悪感を抱くのは遊びが足りないから
  • みんなの車に安全装置をつけたらいい
  • 寂しいときは思いっきり寂しさを味わう
  • 人はつらいときにはじめて大事なことを学び始める

おわりに

読了時間の目安

ページ数は約192ページで、読了時間の目安は約1時間30分です。

書籍の感想・レビュー・評価

フランクな話し方から語られる優しい言葉に、心のモヤモヤが少しずつ晴れていくような気がしました。

 

“嫌なことから逃げる”

 

普通に考えるとなにもおかしくないことです。

しかし、幼少期の頃から親や先生といった周りの大人に「逃げるのは良くない」と教え込まれ、社会人になって逃げてしまうと、ダメな人間といったレッテルを貼られてしまいます。

 

世の中には、つらくて心を壊してしまいそうで逃げた方が良いにも関わらず、自分自身そして周りからの逃げる=悪といったイメージにより、逃げることができない人がたくさんいます。

そして、心を病んでしまったり、自死を選んでしまうという人も少なくありません。

 

「嫌ならやめてもいい」という考え

「非常口」から逃げるという選択肢

 

これら二つのことを胸に刻んでおけば、きっと人生は生きやすくなるんです。

「非常口」があることを覚えておく

新しいことにチャレンジしたり、新しい場所での生活が始まったりしてしばらく経つと、思っていたのと違うことってあるんだよ。

時間が経つといろんなことが見えてきて、自分には合わないとわかるときもある。

だけどたいていの人は、そこで我慢しちゃうんだよね。

斎藤一人 『嫌ならやめてもいいんだよ』(Amazon Services International, Inc.・2020年)

例えば、仕事や部活、勉強などを頑張って続けるのは良いことかも知れません。

ただ、“嫌な気持ちを抱えたまま”続けてしまうと、いずれ心が壊れてしまいます。

 

人によっても「向き不向き」「合う合わない」があります。

 

それが“人間関係”だったり、“やってみたら自分が苦手なこと”であったり、“本当はやりたいことではなかった”など理由は様々です。

 

多少の頑張る努力は必要かもしれませんが、

つらいのに無理して続ける必要は絶対にありません。

 

心を壊してしまう前に、いつでも逃げ出せるよう「非常口」があるということを覚えておきましょう。

人生は何度でもやり直せる

世間には「逃げたら負け」「逃げたら人生おしまい」っていうようなイメージがあるけど、非常口を開けた先にも新しい人生があるから、そこでまたやり直せるの。

非常口から逃げたって、負け組になんかならないんです。

斎藤一人 『嫌ならやめてもいいんだよ』(Amazon Services International, Inc.・2020年)

もし、非常口から逃げたらどうなってしまうのでしょうか?

 

「逃げてしまったら、この先もずっと逃げ続ける人生になってしまう

 

そんな風に思うでしょうか?

 

「一回学校辞めたら終わり」「一回仕事辞めたら人生ゲームオーバー」

そんなことはありません。

 

たしかに、日本では「一度レールから外れたら、またレールに戻るのは難しい」という考えがあります。

逃げた後に人生をやり直す努力は必要かもしれませんし、その道もつらいかもしれません。

 

しかし、嫌なことを我慢して続けたとしても自分の幸せがあるとも限りません。

 

何事も「我慢してどんなに辛くても耐えて、頑張らなくちゃいけない」と気を張るよりも

「いざとなったら辞めてもいいんだ」「また人生をやり直せばいいんだ」と思いながら頑張っていく方が、気が楽になって上手くいく気がします。

 

もし、何か物事から逃げた時は、また初めからやり直せばいいんです。

 

人生は何度でもやり直せるんです。

今はまだ「好き」を探す旅の途中

「何回も逃げ続けたらダメなのではないか?」と思うかもしれません。

それについては、斎藤一人さんは“今はまだ「好き」を探す旅の途中”と表現しています。

 

人生に迷いながら、逃げながら、自分の好きなことを探していく方が、きっと人生は楽しいはずです。

 

それでは、今日も良い一日を!

ルトラ(@lutraxlutra)でした。

この記事のまとめはこんな感じ!
  1. 「非常口」があることを覚えておく
  2. 人生は何度でもやり直せる
  3. 今はまだ「好き」を探す旅の途中