カテゴリー別まとめ記事はこちら

【ブラック校則】「堀越学園」VS元生徒の裁判から考える“男女交際禁止”ってどうなの?って話

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

ちょっと前から「ブラック校則」なるものが話題となり、Twitterでも「この校則ってどうなの?」と盛り上がる時がたびたびありますよね。

そして、その「ブラック校則?」を巡りある判決が下されました。

それは、「堀越学園」の元生徒が、校則で禁止されている男女交際をしたことで自主退学を勧告されたのは不当だとして、損害賠償を求めた裁判があり、東京地裁は学校法人「堀越学園」に対し97万円余りを支払うように命じた。という話です。

 校則で禁止されている男女交際をしたことで自主退学を勧告されたのは不当だとして、元生徒が損害賠償を求めた裁判で東京地裁は学校法人「堀越学園」に対し97万円余りを支払うよう命じた。

 東京・中野区にある堀越高校に通っていた当時高校3年の女性は、2019年11月、同級生との男女交際を理由に校長から自主退学をするよう勧告され退学した。その後、女性は「男女交際を禁止する校則は違法」などとして高校を運営する学校法人「堀越学園」に対して慰謝料など約700万円の賠償を求めて裁判を起こしていた。

 東京地裁は30日の判決で「勧告は高校を退学することを事実上強制するものだった」として、堀越学園に対し97万円余りを支払うよう命じた。一方、男女交際を禁止する校則については、「生徒を学業などに専念させるためのものとして合理的」と指摘し有効だと判断した。(ANNニュース)

参考記事:「男女交際を禁止する校則は違法」自主退学した元生徒の訴え 東京地裁、「堀越学園」に97万円の賠償命令

日テレNEWSではこんな感じの記事も

男女交際を禁止する校則をめぐり、「堀越高校」に通っていた元生徒の女性が、学校を運営する「堀越学園」を訴えた裁判で、東京地裁は30日、学園側に約97万円の支払いを命じる判決を言い渡しました。

この裁判は2019年、堀越高校に通っていた元生徒の女性が、男女交際を禁止する校則に違反したことを理由に、自主退学を勧告されたなどとして、学校を運営する「堀越学園」に対し、700万円あまりの損害賠償を求めていたものです。

元生徒の女性は、教員からおよそ4時間にわたり、男女交際があったかなどについて強引な聞き取りをされ、その後、自主退学を余儀なくされたと主張していました。

この裁判で、東京地裁は30日、学園側に約97万円の支払いを命じる判決を言い渡しました。

東京地裁は、男女交際禁止の校則について「生徒を規律するものとして有効」としたものの、「教育的指導などをすることなく、自主退学の勧告を行ったことは、社会通念上、著しく妥当を欠いている」と指摘しました。

男女交際禁止の校則が関連した退学をめぐる訴訟で、学校側に賠償を命じる判決は初めてです。

参考記事:“男女交際禁止”高校の校則めぐり「堀越学園」に約97万円の賠償命令、東京地裁

結果を見ると、「男女交際を禁止する校則」はOKだけど、教育的指導などせずに自主退学の勧告(実質、ほぼ強制?)はやりすぎだよねという話です。

そもそも、なんで「男女交際禁止」なんて校則があるの?って話なんですよね。

おそらく「男女交際禁止」という校則があるのは全国の学校の中でも少数派なんですが

「堀越学園」には下記のような3つのコースがあって

  • 総合コース→一般向け
  • 体育コース→スポーツに力入れたい人向け
  • トレイトコース(旧:芸能コース)→芸能人やプロ活動している人向け

男女交際禁止のルールを特に守らせたいのがトレイトコース(旧:芸能コース)に通う人たちなんだろうと推測できます。(そもそも、「堀越学園」は芸能人御用達で恋愛禁止ってのは割と一般的な気がしますが)

本気で芸能界やプロとして活動していく人を支える学校なら、恋愛に時間を使ったり、男女トラブルが起きるのは避けたいはずなんですよね。

特に俳優やアイドルなんかは、デートなんてしようもんならマスコミに写真を撮られてイメージダウンに繋がったり、事務所が対応しなきゃいけなくなったりと色々大変でしょう。

そういった、“大人の事情”などを踏まえると「生徒を規律するものとして有効」と裁判所が指摘するのも納得できます。

(今回、話題になった男女がどのコースに通っていたかは不明ですが、一部のコースだけ特別な校則があるとは考えにくいので、総合コース(一般向け)に通っていたとしてもこのルールは適用されるんでしょうね。)

もう一つ、この校則が必要な理由としては「芸能人目当てで入学してくる生徒から芸能人を守るため」なのかなと思います。

この学校は「芸能人以外は入学禁止!」ってなっているわけではなく、誰でも要件を満たしていれば入学できます。

なので、ジャニーズやアイドル目当てで入学してくる人もいないとも限りません。

そういった人が近づかない様に校則として男女交際を禁止にすることで、下心ありで芸能人に近づく輩を排除できるわけです。

校則で「男女交際禁止(恋愛禁止)」って問題じゃないの?

  • 校則で「男女交際禁止(恋愛禁止)」って問題じゃないの?
  • 時代錯誤じゃない?
  • ブラック校則じゃない?

って話ですが、個人的には「問題じゃない」と思ってます。

その理由として、義務教育である小学校・中学校でこの校則があれば問題だと思いますが、高校は義務教育ではない上にこちらから選ぶ権利があります。

さらに言えば、「堀越学園」はトレイトコース(旧:芸能コース)に芸能人が多く在学していることもあり、芸能活動に支障がないよう男女交際を制限するというのはなんらおかしな話ではないと思います。

この学校に無理矢理入れられたわけじゃないんだから、男女交際がしたかったら他の学校に通えばいいじゃんで済む話なんですよ。

ネットには「校則が公開されていない!」って意見もあったんですけど、たしかに「堀越学園」のHPをざっと見た感じ、「男女交際禁止」と書かれた校則は見つかりませんでした(そもそも校則自体見つからなかった)。

まあ、校則は入学後に配られる“小さい冊子”のようなものに細かく書かれていると思うので、事前に確認する方法はありません。

と思いきや、「学校の口コミサイト」なるものを発見し「堀越学園」の口コミを見てみると、がっつり元生徒による「恋愛禁止という校則がある」といった内容の書き込みがありました。

ブラック校則に対して、生徒ができる対策

ブラック校則に対して、生徒ができる対策って何がある?という話ですが

  • 現役生徒や卒業した生徒と話す機会があるなら、校則などの気になる点は全部聞いておく
  • 学校の口コミサイトなどで事前に調べておく

といったことが大事になるでしょう。

いまの時代、わざわざ人に聞かなくてもネットで調べればすぐに情報は出てきます。

なので高校の校則が気になる場合は、事前にちゃんと調べましょう。という話です。

「入学後に理不尽な校則を見つけてしまった」場合は、「声を上げる」か「我慢する」か「転向する」かどれかを選ぶ権利が学生にはあります。

まとめ:学校はまずは教育的指導を、生徒は事前に下調べをしましょう。

今回の判決で、男女交際を禁止する校則については「生徒を学業などに専念させるためのものとして合理的」と指摘し有効だと判断されたが、「教育的指導などをすることなく、自主退学の勧告を行ったことは、社会通念上、著しく妥当を欠いている」とも指摘されました。

なので、学校側は男女交際を禁止する校則は変えなくてもいいけど、自主退学の勧告の前に教育的指導などが必要。

生徒側は、入学した後は校則などは守らなければならない、もし校則を破ったとしても教育的指導なく自主退学を勧告されたら、学校側に非があることになる。を覚えておくといいだろう。

入学前であれば、事前に「学校の口コミサイト」などを利用し、ちゃんと校則や学校の雰囲気などを把握しておくのが大事だ。