カテゴリー別まとめ記事はこちら

【映画感想・レビュー】映画『点』久しぶりの再会に、ぎこちない2人

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

映画『点』の作品情報

監督・脚本監督:石川慶
脚本:石川慶
出演者山田孝之
中村ゆり
天光眞弓
ジャンルドラマ
製作年2017年
製作国日本
上映時間26分
補足情報

映画『点』のあらすじ・内容

ある夏の日、田舎で床屋を営む理容師の高志(山田孝之)の元に、幼馴染で高校時代の恋人・ともえ(中村ゆり)がやってくる。
14年ぶりに再会した二人だったが、会話は少なく、どこかぎこちない空気感が漂っている。
ともえが「結婚式のために首の産毛を剃って」とお願いすると、高志は少し戸惑いながらも店の中へと案内する。

映画『点』の感想・レビュー

ただのペンギン🐧の映画感想・レビュー&評価
総合評価
 (3.5)

久しぶりの再会に、ぎこちない2人


結婚式のために地元に帰って、着物を着るので産毛を剃ってもらおうと元カレがいる理容店に行くという、何でもない日常の1シーンを切り取ったようなショートフィルム。

元カレ・元カノと久しぶりに会った時のような、気まずさもあり、懐かしさも感じるような、甘酸っぱい切なさを感じさせてくれる。

場面転換もほとんどないし、終始、山田孝之と中村ゆりによる2人の会話で映画は終わってしまうんだけど、何とも言えないぎこちない空気感と、これから何かが始まる予感を感じさせてくれる明るい結末は良かった。

最後の曲自体は良いんだけど、なんか曲ありきで作ったような映画に思えて仕方がない…と思って調べたら、yonigeのデビュー曲「ワンルーム」を聞いた監督が、歌詞の世界観や物語から着想を得て、オリジナルで脚本を書きおろしたようです。

26分でサクッと観れるし、映画のような経験をしたことがある人には、刺さる瞬間がたくさんあると思います。