【映画感想・レビュー】映画『コカイン・ベア』コカインを食べてハイになったクマが次々と人に襲い掛かるスリラーコメディ【★3.5】

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

映画『コカイン・ベア』作品情報

監督・脚本監督:エリザベス・バンクス
脚本:ジミー・ウォーデン
出演者ケリー・ラッセル(サリ)
オシェア・ジャクソン・Jr(ダヴィード)
オールデン・エアエンライク(エディ)
イザイア・ウィットロック・Jr(ボブ)
マーゴ・マーティンデイル(リズ)
レイ・リオッタ(シド)
クリストファー・ヒヴュ
スコット・ザイス
ジャンルスリラー、コメディ
製作年2023年
製作国アメリカ
上映時間1時間35分
補足情報原題:Cocaine Bear
Amazonプライム会員に登録する

映画『コカイン・ベア』あらすじ・内容

1985年、麻薬密売人の男が飛行機からコカインの入ったバッグを大量に投げ捨て、自身もパラシュートで飛び降りようとするが、ドアフレームに頭をぶつけて意識を失い、そのまま落下して死んでしまう。
ある日、アメリカ・ジョージア州に暮らす中学生のディーディーとヘンリーの2人は、母親に内緒で、滝をスケッチするために国立公園へと向かう。
彼女たち2人に加え、娘を探しに来た母親、森林公園のレンジャー、コカインを回収しに来たギャングたち、彼らを追う警察などが、続々と同じ場所に集まってくる。
そんな彼らたちを、コカインを食べて凶暴化した<コカイン・ベア>が次々と襲い掛かる・・・!

Amazonプライム会員に登録する

映画『コカイン・ベア』感想・評価・レビュー

ただのペンギン🐧の映画感想・レビュー&評価
総合評価
 (3.5)

コカインを食べてハイになったクマが次々と人に襲い掛かるスリラーコメディ


麻薬密売人が小型飛行機からコカインが入ったバッグを投げ捨て、それが偶然国立公園に落ち、そこにいた一匹のクマがコカインを食べてハイになりながら人々を襲っていくアニマルパニックなスリラーコメディ。
1985年に麻薬密売人が飛行機墜落事故を起こし、載せていたコカインが行方不明になり、その一部を食べたアメリカクロクマ(実話では薬物の過剰摂取により死亡)がいたという実話をモチーフに作られた映画。

観光客、10代の子供たち、その子たちを探しに来た母親、落ちたコカインを探すためにやってきたギャング2人組、警官、チンピラ3人組、森林警備隊など色んなタイプの人間が、それぞれの理由でジョージア州の国立森林公園に集まり、コカインでハイになったクマと遭遇し襲われる展開は今までにない感じで面白い。

人が食べられるので若干グロいシーンはあるけど、ちぎれた足や死体が明らかに作り物とわかるので、それもあってか恐怖もありながらコメディの感じも楽しめる。
クマの質感がリアルだけど、どこかファンタジーっぽい見た目なのもかわいいし、コカインでハイになってる様子も愛おしく感じる。
ストーリー展開もわかりやすいし、クマに襲われる展開もバリエーションがたくさんあって良かった。

ただのB級映画のような雑な映画かなとあまり期待してなかったけど、クスッと笑えるところも多くて、ブラックコメディが好きな人にはオススメできる作品です。

Amazonプライム会員に登録する