【感想・ネタバレ】映画『ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男』ドイツ軍に降伏するか徹底抗戦かの究極の二択【伝記】

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

映画『ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男』作品情報

監督・脚本監督:ジョー・ライト
脚本:アンソニー・マクカーテン
出演者ゲイリー・オールドマン
クリスティン・スコット・トーマス
リリー・ジェームズ
ベン・メンデルソーン
スティーヴン・ディレイン
ロナルド・ピックアップ
チャーリー・パーマー・ロースウェル
ジョルダン・ウォーラー
ハナー・スティール
リチャード・ラムスデン
ニコラス・ジョーンズ
ジャンルドラマ、伝記
製作年2017年
製作国イギリス
上映時間2時間5分
補足情報原題:Darkest Hour

映画『ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男』あらすじ

1940年5月、第二次世界大戦の運命はウィンストン・チャーチル(ゲイリー・オールドマン)の手にかかっていた。
アドルフ・ヒトラー率いる強力なドイツ国防軍がヨーロッパ全土で猛威を振るう中、イギリスでは英国首相のネビル・チェンバレンが辞任を余儀なくされ、後任としてウィンストン・チャーチルが就任した。
国のトップに選ばれたのも束の間、フランス・ダンケルクではおよそ30万の英仏軍が独軍に完全包囲され、さらには、ドイツ軍の魔の手がイギリス本土まで迫っていた。
チャーチルはドイツ国首相のアドルフ・ヒトラーと和平交渉をして降伏するか、絶望な状況の中で最後まで戦い抜くかの究極の選択を迫られていたーーー。

映画『ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男』感想・ネタバレ・評価

ただのペンギン🐧の映画感想・レビュー&評価
総合評価
 (4)

ドイツ軍に降伏するか徹底抗戦かの究極の二択


第二次世界大戦時、ドイツ軍の侵略からイギリスを守り抜いたウィンストン・チャーチルの伝記映画。

名優ゲイリー・オールドマン演じる「ウィンストン・チャーチル」は、もちろん実物は観たことないのだが、声も話し方も会話の間の取り方もキャラクターも、まるでチャーチルが今まさにそこにいるかのような錯覚に陥るほどの素晴らしい演技だった(あと、特殊メイクすごすぎ)。
彼は、ウィンストン・チャーチルに成りきるために、約1年間の時間をかけたそうだ。

最後の方のシーンで、地下鉄でイギリス国民と話し合うシーンは思わず目頭が熱くなる(フィクションかもしれないけど)。

数ある伝記映画の中でも最も優れた作品の一つだと思うが、どこまでがフィクションなのかわからないため、★4.0の評価にしました。

こういう伝記映画は、歴史的事実と映画的盛り上がりのバランスが難しいから、評価が難しい。
映画としては面白いけどフィクションが多めだったら伝記映画としては成り立ってるのか疑問だし、かといって歴史的事実のみを描けば映画としての面白さにかけてしまう。

ごちゃごちゃ言ったけど、少なくとも観て良かった作品だということは間違いなかった。

この映画で話自体は出てきたものの詳細には描かれていなかった、フランス・ダンケルクでドイツ軍に包囲されているイギリス・フランス連合軍を救う『ダイナモ作戦』について知りたい方は、映画『ダンケルク』もおすすめです。

原題の『Darkest Hour(ダークネス・アワー)』は、直訳で「最も暗い時間」。
第二次世界大戦中のイギリスが、最も重要な決断を迫られていたということを意味してるんだと思う。
邦題の『ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男』は、後半部分はちょっと大げさな気がするけど、「これは伝記映画ですよ~!」と示す意味では、邦題も悪くないと思う。

ウィンストン・チャーチルという人間がどのような人物なのか知りたい人はぜひ見てみてください。