【感想・ネタバレ】映画『ゴーン・ガール』消えたサイコパス妻と平凡な浮気夫

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

映画『ゴーン・ガール』作品情報

監督・脚本監督:デヴィッド・フィンチャー
出演者ベン・アフレック
ロザムンド・パイク
ニール・パトリック・ハリス
タイラー・ペリー
キム・ディケンズ
パトリック・フュジット
デヴィッド・クレノン
ローラ・カーク
エミリー・ラタコウスキー
ケイシー・ウィルソン
ボイド・ホルブルック
セーラ・ウォード
ジャンルサスペンス、スリラー
製作年2014年
製作国アメリカ
上映時間2時間29分
補足情報原題:Gone Girl

映画『ゴーン・ガール』あらすじ

結婚5周年の記念日を迎えた夫婦、ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)。
しかし、記念日当日の朝、突然エイミーが姿を消してしまった。
リビングには誰かと争った後があり、キッチンからは何者かの血痕が発見される。
エイミーは、幼少期から父親の書いた児童文学シリーズのモデルとして有名だったこともあり、ミズーリ州の田舎町で起きた失踪事件は、やがて全米が注目する事件へと発展してしまうーーー。

映画『ゴーン・ガール』感想・ネタバレ・評価

ただのペンギン🐧の映画感想・レビュー&評価
総合評価
 (4)

消えたサイコパス妻と平凡な浮気男


ある日、一組の夫婦の妻が消えて失踪事件として話が進められるが、事件ではなく浮気した夫を懲らしめるために妻が仕組んだもので、捜査が進むにつれて徐々に妻の狂気・異常性が露わになっていくミステリー&サイコスリラー。

妻のエイミー役のロザムンド・パイクの、目から滲み出るサイコパス感と、平凡な浮気男を演じるベン・アフレックの両極端な感じの演技がすごく良かった。

最初はミステリ―として進んで、中盤でエミリーの失踪の真相が明らかになって、そこからミステリーとサイコスリラーが同時進行していく感じは見ていて心地いい。
これが終盤までミステリーとして進んでいたら、普通に面白いミステリーだったんだろうけど、そこは「セブン」や「ファイト・クラブ」を作ったデヴィッド・フィンチャー監督という感じだった。

2時間30という長尺だけど、エミリーのサイコパスな演技はもちろん、綿密に練られた計画やその後の展開に目が離せず、終始ストーリーに引き込まれた映画でした。

普通のミステリーに飽きた人にはぜひおすすめしたい作品です。

余談ですが、実話と言うほどではないけど、「スコット・ピーターソン事件」がこの映画の元ネタと言われています。